水漏れ修理を行なうよりも給湯器の交換をしよう

水回りのことならプロフェッショナルな水漏れ修理業者を頼ろう

水漏れ修理よりも給湯器の交換が必要な場合も

給湯器から水漏れした際は、水漏れ修理業者に依頼して修理してもらいましょう。また、修理ができない場合には、給湯器を交換してもらうという選択肢もあります。ここでは、修理か交換の判断基準を説明していきます。

給湯器の交換をするほうがお得なケース

給湯器を長く使用していると、パッキンが損傷しているケースが多いです。パッキンだけを交換して水漏れを防ぐという手段もありますが、また別の部分から漏れてくるということもあります。このようなことを繰り返すと、どんどん水漏れ修理にかかる費用が高くなってしまいます。給湯器から水が漏れていて、費用を安く抑えたいという方は、交換を検討してみましょう。

水漏れ修理業者に聞きました!交換か修理かを判断するポイント

給湯器から水漏れを起こしてしまい、修理しようか新しいものと交換しようか迷っています。交換が必要なのはどんな時ですか?
給湯器の耐用年数は約10年です。8年くらい使用していて水漏れしているのであれば、給湯器の交換をおすすめします。修理を行なうより交換の方コストを抑えることができます。給湯器の交換は、勝手に設定温度が変わっている、本体から変な音がした、リモコン画面にエラー表示されないなどのトラブルでも、水漏れ修理業者で対応しています。

賃貸住宅で給湯器を交換する時の手順

賃貸住宅にお住まいの方で、給湯器の交換を水漏れ修理業者で行ないたいという場合は、前持って確認するべきことがあります。ここでは、確認ポイントを紹介します。

給湯器の交換をする前にチェックしておくこと

複数の給湯器

水漏れ修理業者に交換を依頼する前に確認しておくべきことは、設置スペースと本体の大きさ、給湯器の種類になります。賃貸住宅によって設置する給湯器の大きさが決まっています。また、ベランダや廊下のパイプペースに給湯器が設置されていますが、メーカーのサイズに合わせて作られています。そのため、スペースが狭いのか広いのか調べることが大切です。さらに、交換する際は今使用しているタイプのものと交換しないといけません。賃貸住宅の規約の中で許可されないタイプのものもあります。

TOPボタン