トラブルの状態に合わせた水漏れの修理方法と費用

水回りのことならプロフェッショナルな水漏れ修理業者を頼ろう

水漏れ修理業者が行なっている作業法

給湯器のトラブルは自分でも修理することができます。確実にトラブルを解決するなら水漏れ修理業者に任せた方が良いといえます。業者に任せるとなるとどのような方法で行なってくれるか調べてみましょう。

配管の水漏れが発生している場合

給湯器の配管から水漏れしている場合、目に見えている部分は修理することができます。目で確認できない水漏れであれば、水圧テストなどを行なって調査し、どこから起きているのか調べてもらえます。また、水漏れ修理業者では、床下に潜ってどこが漏れているのか特定することができます。その他にも配管を直したり、交換を行なったりしてくれます。

給湯器本体が水漏れしている場合

給湯器本体、周辺から水漏れしていることもあります。そのような場合は、給湯器本体の修理が必要になってしまいます。長く使用している場合は、メーカーが生産終了していることもありますし、必要な部品がないこともあります。また、給湯器本体の故障は配管だけでなく、パッキンや電気系に大きなダメージを与えてしまいます。そのため、修理が困難になった場合は、新しい給湯器に交換する必要があります。

水漏れ修理業者に依頼した場合の費用相場

水漏れ修理業者に給湯器を直してもらうとどれくらいの費用がかかるか気になる方も多いでしょう。ここでは、修理にかかる料金と注意点について紹介します。

実際に利用した人の声を聞いてみよう

パッキンの交換をしてもらったときは(40代/男性)

給湯器から水漏れしていたのですぐに業者の方を呼びました。調査してもらうと、結合部分のパッキンの劣化が原因でした。パッキンの劣化は部品交換で直してもらえるということでした。水漏れ種類業者の方から交換にかかる見積もりを出してもらったところ、出張代とパッキンの部品代、水漏れ修理代は6千円くらいで直してもらえました。

見積もりを依頼するときも注意が必要です(30代/女性)

安い金額で修理や交換してくれる業者があり、安すぎて少し怪しいなと思ったので口コミで検索してみました。すると、アフターサービスがない、別途料金を請求されるという書き込みを見つけました。そこで、評判の良い業者に相談してみると、依給湯器本体の金額、工事代、出張代があるか、割引価格はどれくらいなのか聞いておいた方が良いというアドバイスを受けました。依頼する前に注意ポイントを把握しなきゃなと思いました。

TOPボタン